竹燈籠も水素で輝く時代に【SDGsログ vol.271】

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

竹燈籠も水素で輝く時代に【SDGsログ vol.271】
【動画】脱炭素への光 #この一枚

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/854095/

福岡県宮若市黒丸の清水寺で、水素エネルギーを使った燃料電池車(FCV)から引いた電気で竹灯籠をともすイベントが開かれている。地元の「黒丸むらおこしの会」主催。点灯は1月2日までの午後4時~同9時(12月31日は同4時から翌日午前1時)。
例年はろうそくを使っていたが、今年初めてトヨタ自動車九州の協力を得てLED電球に変えた。
水素エネルギーは、温室効果ガスの排出量を減らす「脱炭素」に向けた注目の新エネルギー。境内はカラフルな光で、来年の干支(えと)の寅(とら)などが鮮やかに彩られた。

全国各地で素敵な竹燈籠が夜を彩っています。
しかし、水素の力で灯っているものはこの宮若だけではないでしょうか。
LED電球を使用しているので、様々な色で華やかさに一層拍車がかかっています。

水素自動車やEVは非常時の電源としての活用も期待されています。
このように大勢の人が集まるところで披露することにより、一般の人たちへの認知も進んでくれることを期待したいところです。

美しい竹灯りの中に持続可能な地域の未来を見る。
とても素敵な取り組みではないでしょうか。

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #脱炭素 #気候変動 #水素自動車 #FCV #トヨタ #MIRAI #宮若市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です