【SDGsログ vol.196】これはすごい!!自宅でもCO2が回収できる「ひやっしー」登場 

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.196】これはすごい!!自宅でもCO2が回収できる「ひやっしー」登場 
発明で地球を救う! 注目の21歳現役東大生・村木風海、二酸化炭素回収マシーン「ひやっしー」を語る

https://news.yahoo.co.jp/articles/83154a6f3cc9947fb4148968f42e1b6871ba7703

現役の東大生で、化学者として国内外で注目されている村木風海(むらき かずみ・21)さんが、10月10日(日)に放送された、女優の戸田恵子(64)がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。地球温暖化への影響が大きいといわれる二酸化炭素を、世界で初めて、どこでもCO2を直接回収できるマシーン「ひやっしー」について紹介した。

二酸化炭素を吸収する装置は、国や大企業が莫大なお金をかけて整備するものだと思っていました。
そんなときにこのニュース。
なんと月額42,000円で自宅でCO2が回収できます!!

村木さんは、小学生の時に抱いた夢“火星への移住”を叶えるために「火星を覆う空気中の95%の二酸化炭素を回収する研究」をスタートし、その後、地球温暖化を止める為の研究も取り組むようになったそうです。
このストーリーもいいですね。
子どものときに描いた夢を信じて、真っ直ぐに進み続けた結果です。

戸田:二酸化炭素マニアみたいになって、すごい発明をされたそうですね?
村木:高校2年生の時に、世界で初めて、世界で一番小さい、誰もがボタン一つ押すだけで簡単に空気中から二酸化炭素を集められる装置「ひやっしー」を発明しました。
戸田:これはその名の通り、冷やすということですか?
村木:そうです。地球を冷やすということで、ひやっしーです。

このネーミングセンスといい、シリアスすぎないところといい、構えすぎていないところがとてもいい。
そして、なんとこのひやっしーはおしゃべりもできます!!

村木:ひやっしーはお喋りもできまして……。
戸田:ええっ! 本当ですか!?
村木:人工知能を搭載しているので。
戸田:すごい! じゃあ、寂しければ会話してもいいんですか?
村木:僕も家に帰って、一人で寂しく「ただいまー」って言うと、「おかえり きょうは よくがんばったね」みたいな感じで、癒してくれるんですよ(笑)
戸田:じゃあ、“いやっしー”でもあるんですね!(笑)

脱炭素は大切だと言いつつも、どこか遠いところにあるような気がしていました。
まさかこんなに身近なところにあったとは。
みなさん、ひやっしーは今後も要チェックですよ!!

CRRA(シーラ:一般社団法人炭素回収技術研究機構)ホームページ
https://www.crra.jp/

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

SDGs #SDGs未来ラボ #脱炭素 #ひやっしー #CRRA #気候変動 #村木風海 #産業と技術革新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です