【SDGsログ vol.151】九州初!!でもちょっと遅くないかな?

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.151】九州初!!でもちょっと遅くないかな?
佐賀県、パートナー制度開始 性的少数者カップルを婚姻相当と公認 九州初

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/731599

佐賀県は27日、LGBTQなどの性的少数者のカップルを婚姻に相当する関係と公認する「パートナーシップ宣誓制度」新設し、受け付けを開始した。県営住宅への入居や医療機関での面会で、家族と同様の対応が可能になる。

佐賀県は九州の中でも新しいことに前向きだという印象があります。
今回のパートナー制度導入もその一つ言えるのかもしれません。

どうして同性婚が認められないのか。
きっと法律で決められているなどの理由があるのでしょう。
では、なぜ同棲を好きになることで不利益を受けなければいけないのでしょうか。

同性婚については、私があれこれ言うよりも、ニュージーランドのモーリス・ウィリアムソン議員の言葉を聞いてください。

反対する人の多くは、この法案が社会にどういう影響があるかということに関心があり、心配しているんでしょう。その気持ちはわかります。自分の家族に起こるかもしれない「何か」が心配なんです。
繰り返しになりますが、言わせてください。
今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人の結婚を認めよう」。ただそれだけです。
外国に核戦争をしかけるわけでも、農作物を一掃するウイルスをバラ撒こうとしているわけでもない。お金のためでもない。
単に、愛し合う二人が結婚できるようにしようとしているのであり、この法案のどこが間違っているのか、本当に理解できません。なぜ、この法案に反対するのかが。自分と違う人を好きになれないのはわかります。それは構いません。みんなそのようなものです。

実に気持ちよく反対意見を論破してくれているではないでしょうか。
さらに彼はこうたたみかけます。

この法案に反対する人に私は約束しましょう。水も漏らさぬ約束です。
明日も太陽は昇るでしょうし、あなたの10代の娘はすべてを知ったような顔で反抗してくるでしょう。明日、住宅ローンが増えることはありませんし、皮膚病になったり、湿疹ができたりもしません。布団の中からカエルが現れたりもしません。
明日も世界はいつものように回り続けます。だから、大騒ぎするのはやめましょう。この法案は関係がある人には素晴らしいものですが、関係ない人にはただ、今までどおりの人生が続くだけです。

ぜひこちらの記事をご覧ください。
動画へのリンクもあります。
「同性婚を認めても、関係ない人にはただ今まで通りの人生が続くだけ」。賞賛を集めたニュージーランド議員のスピーチ
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f7a6cdec5b64cf6a2523bd6

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #人や国の不平等 #ジェンダー平等 #同性婚 #パートナー制度 #佐賀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です