【SDGsログ vol.49】さくらテラスは地産地消

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.49】さくらテラスは地産地消
太陽の恵みを地域のために「晴れのまち みやま」を実感できる施設です。

https://miyama-se.com/sakura

今日はお隣のみやま市までお出かけランチをしてきました。
「さくらテラス」は、市役所のお隣にあるおしゃれなスペースです。
カフェ&レストラン以外にも、地元の素敵なこだわりの商品の販売もしています。

ここは「みやまスマートエネルギー」の関連施設なので、クリーンエネルギーを活用。
お昼の電力は屋根に設置した太陽光発電でほぼまかなえるということです。

使用している食材も地元みやま市で収穫したものにこだわっています。
みやまといえばセロリ。
今日もセロリのスープがとても美味しかったです!!

食材もエネルギーもまさに地産地消しているさくらテラス。
実は、この地産地消はSDGsの多くのゴールに恩恵をもたらすことができます。

移動距離を短くして温暖化防止に貢献できますし、地元の農家さんの収入アップにもつながります。
農業が盛んになることで食糧の自給率アップ、そして景観保全へとつながり災害に強い地域づくりにも。
栄養に配慮した料理で健康が増進したり、地域産業の活性化で働きがいのある仕事も見つかります。

いいことずくめの地産地消。
環境省の推進する地域環境共生圏も同様の考え方です。
多くの地域でこうした取り組みが活発になるといいですね。

さくらテラス
さくらテラスのマークは、太陽の光を浴びて元気よく咲いている。想像上の「花咲く大木」をイメージしています。みやま市の花である桜、太陽の光とそのエネルギーを享受する姿、世代を超えて受け継がれていくもの、人々の喜びやふれあい・・・わたしたちが地域のためにしたいこと、地域に描く理想のかたちを世界観として表しました。このマークと共に、わたしたちはみやま市の発展のために尽くしてまいります。そして、「みやまStyle」で多くの地域・自治体と協定して各地活動を支援し、海外との連携も深め、地球と社会と生活に貢献してまいりたいと考えております。

SDGs #SDGs未来ラボ #みやまスマートエネルギー #さくらテラス #地産地消 #地域循環共生圏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です