【SDGsログ vol.135】主要企業の94%が脱炭素の取り組みを始めています

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.135】主要企業の94%が脱炭素の取り組みを始めています
22年国内景気拡大に期待90% 脱炭素、経済安保への対応加速

https://news.yahoo.co.jp/articles/b46c09e2d5c5ad3386dd0906acfa16a9ca3228f1

共同通信社は12日、主要企業111社に実施したアンケートをまとめた。新型コロナ感染症の沈静化を期待し、22年の国内景気を拡大傾向と予想する企業は90%に上った。脱炭素や、米中対立の激化を踏まえた経済安全保障への対応を加速する姿も浮かび上がった。

機を見るに敏な主要企業がこぞって景気回復を予測するということは、ほぼその方向で動くと考えてよさそうですね。
でも「元通り」になることが果たしてよいのかどうか、しっかりと検証する必要があると思います。

新型コロナの感染拡大で深刻な影響を受けた方も多いと思います。
しかし同時に、これがあったために、半ば強制的に行動が変容し、それが新しい可能性につながる面もあったはずです。
変えない方がよいところ、変えた方がよいところ、しっかりと見極めたいものです。

なお、ネット記事にはありませんが、紙面では脱炭素の取り組みももう少し詳しい記載がありました。

地球温暖化対策の脱炭素の取り組みを「実施している」と答えたのは94%に上り、再生可能エネルギーの導入に力を注ぐ傾向が鮮明となった。二酸化炭素(CO2)排出削減が見込めるカーボンプライシング(炭素への価格付け)の動きもあり、本格展開が期待される。「実施するつもりがない」は0%で、残りは実施検討などと答えた。

2021年8月13日(金)付 西日本新聞

個人的には炭素税の導入を具体的に検討する時期にとなっているのではないかと感じています。
メリット・デメリット両面あるので、しっかりと議論を尽くして、日本全体として目指す方向を共有できるようになってほしいと思います。

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #脱炭素 #カーボンプライシング #景気回復 #行動変容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です