【SDGsログ vol.42】電線をつながなくても電気が使えるかも!!

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.42】電線をつながなくても電気が使えるかも!!
ファーウェイ、ベトナムで家庭用屋根置き太陽光発電システムを発表

https://www.viet-jo.com/m/news/economy/210510233857.html

中国の通信機器メーカーHuawei(ファーウェイ)のベトナム法人が家庭用屋根置き太陽光発電システムを発表したというニュースです。

家庭用の太陽光発電ならそれほど珍しくはありませんが、興味が沸いたので、数字部分をチェックしてみました。
記事には以下のように記載されています。
「出力7.37kWpのこのシステムは、設置後1か月で995kWhの電力を生産した」

日本の家庭の年間消費電力は環境省のデータでは全国平均4,322kwh(2017年度)。
ということは、1ヶ月で年間消費量のほぼ1/4を発電できるという計算です。
これってすごくないですか?

電気の場合は、システムの中でロスが出るし、いつまでも蓄えておくことはできないのですが、
それでも、この太陽光発電があれば電力会社から電気を買わなくてよさそうです。
(瞬間的に大きな消費電力の必要なものがあると難しいのかもしれません)

この太陽光発電システムを、公共インフラの整備が遅れている途上国にぜひ届けたい!!
電線を引かなくても電気が使えることで、情報格差や教育格差の改善に役立つと思います。
もちろん日本の脱炭素社会化にも大きな力になりそうです。

SDGs #SDGs未来ラボ #エネルギーをクリーンに #質の高い教育を #産業と技術革新 #人や国の不平等をなくそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です