【SDGsログ vol.139】ビーガン給食の時代がやってきた

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.139】ビーガン給食の時代がやってきた
SDGs学ぶビーガン給食 環境意識、多様な価値観も

https://www.businessinsider.jp/post-240163

東京都八王子市立浅川小が5月から肉や魚、卵など動物由来の食材を使わない「ビーガン(完全菜食主義者)給食」を月1回提供している。畜産業に伴う温室効果ガス排出を削減できる菜食は、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の視点からも注目される。一人一人の食生活が環境に与える影響を意識し、多様な価値観を学ぶ狙いもある。

日本ではあまり話題になっていないようですが、世界では畜産が地球に与える深刻な影響が問題となっています。
そのため牛食を減らそうという活動はいろいろなところで展開されています。

なぜ畜産が問題なのかをわかりやすく解説した動画もあります。
ぜひこちらをご覧ください。
2分30秒で分かる、肉を減らすと地球環境が復活するワケ
https://youtu.be/vB_2-XO33_Y

言うまでもなく私たちの身体は食べたものでできています。
自分の口に入り血となり肉となるものには十分に気を配りたいですね。
沖縄の知人は、学校を回って話をしながら、オーガニック給食を実現しようと活動しています。

本当にそれは食べていいものなの?
安いから美味しいからの前に少しだけ考えてみませんか?

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #給食 #ビーガン #オーガニック給食 #温暖化 #脱炭素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です