【SDGsログ vol.192】おにぎりを食べて温かい給食を届けよう! 

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.192】おにぎりを食べて温かい給食を届けよう! 
おにぎりアクション2021 – おにぎりで世界を変える

https://onigiri-action.com/

おにぎりアクションは、日本の代表的な食である「おにぎり」をシンボルに、 「おにぎり」の写真をSNS(Instagram, Twitter, Facebook)、または特設サイトに投稿すると、 1枚の写真投稿につき給食5食分に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供し、 NPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食をプレゼントできる取り組みです。
「食」を通じて世界の食料・健康問題の解決に取り組むTABLE FOR TWOが主催となり、 毎年、10月16日「世界食料デー」を記念して実施しています。おにぎりアクションは、 2015年に開始してから2020年までの6年間の開催で、累計100万枚の写真が投稿され、約540万食の給食を届けています。
給食が届けられているのは、アフリカ・アジアの貧困地域に暮らす子どもたちです。 1日1食の給食が、開発途上国の子どもたちが貧困から抜け出す鍵となっています。

今年も「おにぎりアクション」の季節がやってきました。
おにぎりの写真を撮って、それを投稿するだけで、アフリカ・アジアの貧困国の子どもたちに給食が届けられます。
おにぎりは自分で作ってもいいし、販売されているものでもかまいません。

毎年、多くの賛同を集めている取り組みです。
私個人もこれまでに何枚も画像を投稿しています。

1人できることは小さくても、大勢の力が集まれば大きな力になる。
まさにそれを実際にしているのがこの「おにぎりアクション」です。
ぜひみなさんもおにぎりを食べて給食を届けてください。

この取り組みは「TABLE FOR TWO」が運営しています。
他にも素晴らしい取り組みをされているので、ぜひそちらもチェックしてください!!

TABLE FOR TWO
https://jp.tablefor2.org/

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

SDGs #SDGs未来ラボ #おにぎりアクション #tablefor2 #飢餓をゼロに #パートナーシップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です