ペイフォワードー私たちの思いやりは連鎖する【SDGsログ vol.286】

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

ペイフォワードー私たちの思いやりは連鎖する【SDGsログ vol.286】
おつりはマドモワゼルにあげる

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/860089/

「新型コロナの流行以来『シビズム』を強く意識するようになった」とパリ在住の知人からの年賀メールに
フランス語で「公徳心、市民意識」を意味する言葉が心に浮かんだきっかけは、感染拡大で学校が一斉休校になる前日、スーパーで目にした光景だった

とても素敵なお話なので、ぜひ全文を読んでいただきたいと思います。
この後、スーパーで高齢男性が子どもたちにお金を渡し、子どもたちはそれで買い物をします。
釣り銭をレジ係の女性が渡そうとすると「おつりはマドモワゼルにあげる」
コロナ禍で、感染リスクの高いレジ係をする女性に対しての気持ちからです。

ペイフォワード(pay forward)は、直訳すれば「先に支払うこと」です。
webで検索すると以下の通りです。
「ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。」

私たちは、ある人から親切を受けた場合、その人に対してお礼をします。
これは英語で言えばペイバック(pay back)。
悪いわけではありませんが、2人の間で親切が終わってしまいます。

恩を受けた人に返すのは至極当然のことですが、そうではなく受けた恩を他の誰かに広げること。
これがペイフォワードです。
今回の記事では、子どもたちが高齢男性から受けた恩をレジ係の女性に贈っています。

私たちの社会はすべてがつながっています。
そのつながりを強くして広げていくためにも、このペイフォワードは有効です。
みんなの思いやりがつながった温かい社会を築いていきたいものですね。

ちなみにペイフォワードという映画もあります。
とても高評価なので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
Amazonなら100円でオンライン視聴ができるようです。
映画『ペイフォワード』
https://www.amazon.co.jp/ペイ・フォワード-字幕版-ハーレイ・ジョエル・オスメント/dp/B00GM44H84

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #パートナーシップ #ペイフォワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。