【SDGsログ vol.138】おかえりショーツが女性を解放する

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.138】おかえりショーツが女性を解放する
Z世代が圧倒的に支持するショーツって?20歳起業家が問う、女性を縛るもの

https://www.businessinsider.jp/post-240163

私たちの社会は様々なシーンで無言の圧力がかかっています。
「男なら人前で泣いたりしない」
「お姉さんなのだから我慢しなさい」etc.

特に女性に対しては非常に多くの「〜べき」が存在します。
下着もその一つですね。
自宅にいるときくらい自分を解放してリラックスしたい。
そんな女性の願いを形にしたのが「おかえりショーツ」です。

GUの吸水ショーツ(ファーストリテイリング)、ソフィの月経カップ(ユニ・チャーム)など大手企業の参入も相次ぎ、大手百貨店も売り場を設けるなど、昨今フェムテック市場が盛り上がりを見せている。
一方でテクノロジーを使用せずに女性特有の問題の改善を目指すものは「フェムケア」や「フェミニンケア」と呼ばれる。
その「フェムケア」商品で注目を集める女子大生起業家が、ショーツの蒸れ、締め付けから女性を解放する部屋着型ショーツ「“おかえり”ショーツ」を開発した、現役大学生で起業家の江連(えづれ)千佳さん(20)だ。

彼女が「おかえりショーツ」を開発しようとしたきっかけは Youtube広告。
ムダ毛処理をしなかったために彼氏に嫌われた女の子が、一念発起してきれいになって彼を取り戻す」というストーリーを見て不快になったのだと言います。
「なんでショーツの形に合わせて毛の処理をしなきゃいけないんだろう。パンツが大きくなればこんなことで悩まなくていいのに」

こうした違和感から考案した“おかえり”ショーツはウエストや足の付け根、デリケートゾーンに余裕のある、直ばきできるショーツ機能付きリラックスウェア。
部屋着型のデザインで締め付け感がなく、横部分に入れたスリットや、調整可能な腰のリボンでフリーサイズを実現した。コットン100%で天竺編みという通気性のいい生地を使用し、既存の女性用ショーツで悩まされることの多かった蒸れを軽減するという。

この記事はぜひ最初から最後まで通して読んでください。
きっとたくさんの大切なメッセージに気付けると思います。

I_for ME公式webサイト
https://i-for.me/

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #I_for ME #ジェンダー平等 #下着 #おかえりショーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です