【SDGsログ vol.52】ライバルがパートナーに

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.52】ライバルがパートナーに
地球のために、二人三脚で歩み出す。

https://allbirds.jp/pages/allbirds-adidas-futurecraft-collaboration

同業者との関係性は視点を変えれば変わるということ。
自社の利益を優先すれば同業者はライバル。
業務を通じて社会に貢献すると考えればパートナー。

絶対的なライバルというものは存在しないということですね。
シェアを競うビール会社が、脱炭素という合言葉で共同配送を展開しています。
これを可能にするのがSDGs。

サステイナブルな製品で人気のオールバーズと
業界大手のアディダスとのパートナーシップは、
これからどんなことをしてくれるのでしょうか。
今からとても楽しみですね。

カーボンフットプリントとは、直訳すれば「炭素の足跡」。
商品やサービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して重さで表示したものです。

日本の一般的な家庭では、照明・家電で1,566kg-CO2eq、自家用車で1,574kg-CO2eq、給湯で745kg-CO2eqなどとなっています。
(家庭からの二酸化炭素排出量(世帯当たり、燃料種別、用途別-2006年) JCCCA)
国内でも様々な製品に表示され始めています。

興味のあるかたはこちらもどうぞご参照ください。
CFPプログラム(https://www.cfp-japan.jp/

SDGs #SDGs未来ラボ #CFP #カーボンフットプリント #パートナーシップ #脱炭素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です