30年前とは「勇気のしるし」が変わりました【SDGsログ vol.269】

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

30年前とは「勇気のしるし」が変わりました【SDGsログ vol.269】
自殺した電通新入社員の母が手記 「国は過労死撲滅に取り組んで」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/150955

広告大手電通の新入社員高橋まつりさん=当時(24)=が長時間労働やパワーハラスメントに苦しんだ末、自殺してから25日で6年となり、母幸美さん(58)が手記を公表した。若者や働く女性の自殺が増加しているとして「国は自殺防止、過労死などの撲滅に取り組んでほしい」と訴えた。
 2020年度、精神障害による労災認定は608件で、2年連続で過去最多を更新。幸美さんにもSNSを通じ「会社でパワハラやサービス残業があってつらい、死にたい」といった相談が寄せられる。「悩んでいる人はどうかSOSを出して。娘のようにぎりぎりまで頑張らないでほしい」と呼び掛けた。

黄色と黒は勇気のしるし 24時間働けますか?
時任三郎さんがビジネスマンに扮した三共製薬「リゲイン」のCM。
1989年の流行語大賞にもランクインしました。

あれから30年。
私たちの働き方は大きく変化しました。
現在は「人間らしい働き方」として「ディーセントワーク」が提唱されています。

労働時間、賃金、休日などの条件を整備して、人間らしい生活を持続的に営めるように。
日本の労働生産性は先進国で最下位となっていますが、その原因は残業の多さだと言われています。
有給休暇も未取得となっている方が多いのではないでしょうか。

労働は、収入を得ることはもちろん、自己実現の手段としても大切です。
しかし行き過ぎた労働は、これ以上続けるわけにはいきません。
自分の望まない状況に対してはっきりNOと言うことが、現代の「勇気のしるし」なのかもしれません。

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #健康と福祉 #働きがいも経済成長も #ディーセントワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です