何度でも再利用できるならプラスチックは夢の素材かもしれません【SDGsログ vol.251】

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

何度でも再利用できるならプラスチックは夢の素材かもしれません【SDGsログ vol.251】
ENEOS、廃プラを「原油」に 燃やさず分けず再利用

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC174540X10C21A9000000/

ENEOSや三菱ケミカルなどが、プラスチックの廃棄物を原油に近い状態に戻し原料として再利用する事業を始める。「ケミカルリサイクル」という手法だ。脱炭素と循環型経済の流れを受けて、かつて普及に至らず埋もれた技術に再び挑む。技術革新をけん引するスタートアップと組みコストなどの課題解決に取り組む。独BASFなど先行する欧州勢を追う。

この技術は素晴らしいですね。
これまで廃棄するしかなかった廃棄プラスチックを、原料として再利用できる。
ぜひ広く普及してもらいたいものです。

もともとプラスチックは私たち生活を豊かにするものでした。
軽くて丈夫、どんな形にも成形できるなど、その利点は挙げればきりがないほどです。
唯一と言ってよい欠点が、環境負荷でした。

環境に優しく再利用可能。
こういうことになれば、また新しい展望が開けそうです。
新しい技術で未来が楽しみになってきますね。

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #産業と技術革新 #プラスチックゴミ #再資源化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です