【SDGsログ vol.152】シールをなくしてカップニャードル

「SDGsログ」を毎日更新中です。
これまでの記事はこちらからどうぞ

【SDGsログ vol.152】シールをなくしてカップニャードル
環境対応も「らしさ」も 日清カップヌードル、「猫耳」のフタが示す50年目の挑戦

https://www.asahi.com/sdgs/article/14421021

今年で発売50年を迎える日清食品の看板商品・カップヌードルに最近、ある異変が起きた。プラスチックの使用量を減らすため、底についていた「フタ止めシール」がなくなり、代わりにフタの開け口(タブ)が二つに増えたのだ。フタの裏には猫の顔が描かれ、二つのタブが「猫耳」に見える。変化の背景にあるのは、ただ環境を守るだけではなく、「らしさ」にもこだわろうとする「トレードオン」思考だ。(編集部・竹山栄太郎)

日本のほとんどの人が一度はお世話になったと思われる日清カップヌードル。
世界初のカップ麺ですね。
ブレイクのきっかけが、あさま山荘事件のテレビ中継ということを知っている人は少数派でしょうか。

それにしても、この遊び心がいいですね。
カップニャードル。
SDGsは地球の未来へのアクションですが、だからと言ってあまり真面目すぎると窮屈すぎるように感じる人も少なくありません。

「正しい」ことよりは「楽しい」ことをして未来を創る。
この方がSDGs仲間が増えていきそうです。

日清食品は19年、「カップヌードル DO IT NOW!」と名づけたプロジェクトをスタート。「地球と人の未来のためにすべきこと、できることに今すぐ取り組んでいく」として、サステイナビリティーに配慮した「RSPO認証パーム油」の導入や、健康のために通常より30%減塩した新商品の開発を進めてきた。今回のフタ止めシールの廃止もその一環だ。

これ以外にも、高タンパク&低糖質の麺を開発したり、配送用ダンボールに3秒で開けられる工夫をしてみたり。
2021年度中には、すべてのカップが「バイオマスECOカップ」に変わるそうです。

プロジェクトの詳細はこちらからご覧ください。
地球と人の未来のために、すぐやろう DO IT NOW !
https://www.cupnoodle.jp/doitnow/

————————————
一般社団法人SDGs未来ラボはSDGs普及のための様々な活動を支援しています。
【会社や組織でSDGsを広めたい】
中小企業向けSDGs経営導入支援
http://sdgsmirai.com/?page_id=161
【オンラインでSDGsを学びたい】
http://sdgsmirai.com/?page_id=215
【ソーシャルシネマ専門オンライン映画館ウナギネマ】
http://www.unaginema.com/

#SDGs #SDGs未来ラボ #日清食品 #カップヌードル #脱プラ #doitnow #カップニャードル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です