SDGsを広める講演も福岡・九州を中心に全国でおこなっています(オンラインも可能です)

SDGs未来ラボでは代表理事の阿部昭彦が、下記のようなテーマで講演を行っています。企業・商工会議所など各種団体・自治体・学校など様々な方々を対象に、それぞれのニーズに応じてカスタマイズした内容で、動画や実例なども盛り込みながら、わかりやすくお話ししています。
ワークショップ形式で、参加者自らも考え、話し合うインタラクティブな講演も可能です。

SDGsに関する講演例

<共通するテーマ>
・SDGsってなあに?〜SDGsの基礎知識
・持続可能な未来の作り方
・SDGsが実現できる未来を作るワークショップ

<企業・団体でのテーマ例>
・「SDGs実現に向けて企業は何をするべきか」
・「SDGs経営を実現にするために今必要なこと」
・「持続可能な社会を作るためにいま自社にできること」
・「社会問題を自社の力で解決する「アウトサイドイン」とは」
【開催実績】九州電力、沖縄銀行、(株)東急Re・デザイン、JA福岡中央会 等

<自治体でのテーマ例>
・「SDGs実現に向けて自治体は何をするべきか」
・「SDGsを切り口に自治体の取り組みをリデザインする」
・「持続可能な社会を作るためにいま地域でできることを共に考える」
【開催実績】沖縄県、大牟田市、大川市、多良間村、粕屋町 等

<学校・教育機関でのテーマ例>
・「SDGs達成に向けて自分たちにできること」
・「毎日の買い物を見直してみよう!」
・「新聞を使ってSDGsについて考えてみよう」
・「ぼくたちわたしたちの未来〜2030年の未来をみんなで作ろう!」
【開催実績】沖縄県、青山学院大学、糸満市、宮古島市 等

講師のご紹介

阿部 昭彦(あべ あきひこ)
SDGs未来ラボ代表理事

講師 SDGs

<経歴>
一般社団法人SDGs未来ラボ代表理事。
横浜国立大学教育学部卒業後、都内私立中高一貫校の国語科専任教諭。 2014年に福岡県柳川市に地域おこし協力隊として移住。空き店舗をDIYリノベーションしてコラボレーションスペース「KATARO base 32」を開設するなど、新たな人の流れとコミュニティーを創造した。任期満了後は、SDGs普及の ための各種資格を取得し、企業・自治体・学校等での活動を開始。東京や福岡の企業や学校、西日本各地の自治体、で研修や講演を多数実施。地域おこし協力隊での経験も生かした自治体のSDGs宣言づくりの支援(沖縄県多良間島)や、教員経験を生かした教育機関(小学校から大学まで)での授業なども好評である。